EF67コンプリート計画!!

「東の碓氷、西の瀬野八」とも言われる、山陽本線一の急勾配区間の瀬野~八本松を通過する貨物列車の後補機として、EF59やEF61-200番台の後継として開発されたのがEF67です。
後補機として十分な性能が得られるように、その当時最新のチョッパ制御を採用し、もみじ色の派手な塗色で登場しました。
0番台は1982年からEF60の後期増備車を改造して誕生したグループで、八本松側には走行解放用のデッキを装備し、改造で貫通扉も付けられた。
種車の面影をほとんど残さず、旧型電機のような顔付きをしている。
100番台はJR移行後の1990年からEF65の最終増備車を改造して誕生したグループで、走行解放用の装置を取り付けなかったことから割と種車の面影を残している。
0番台、100番台共にJR貨物の広島車両所に所属していて、走行区間は広島貨物ターミナル~西条間。西条で全ての上り貨物列車が停車し、補機解放を行っている。
100番台は更新を受けており、0・100番台共に廃車はゼロ。
1号機
2号機
3号機
101号機
102号機
103号機
104号機
105号機

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">